水曜の夜に

ざわめく街角 くぐり抜けて 星降る夜は
乾いた心に あの音色を 染み込ませて
                   
答えのないものたちを
探す旅の途中なら
ほら 出逢えた今が答えかも
目と目が合う瞬間(とき)

水曜日の夜に君とカブトビールを
小さなポディアムにのせて
夢見ていた理想と今がかけ離れても
自分を愛することは忘れない

恋い焦がれて 傷ついて
それは 大人(いくつ)になっても
変わらないでしょう?
決め手やタイミングは ほんの一瞬、

だから

すれ違うだけの人にならなかった夜(よ)も
毎日見かけてる顔ぶれが
他人行儀な朝もあるけど

命の灯る限り
あなた色の人生を
永遠(とわ)色に咲かせよう!

福永倫子 / NORIKO FUKUNAGA OFFICIAL WEB SITE

日常のワンシーンをドラマチックに バンドで歌う、踊れるシンガーソングライター FUKUNAGA NORIKO